女性の画像
『パパ活』という言葉が世の中に広まりつつありますが、それでも「パパ募集」や「パパ探し」と聞いてもなんの事を言っているのかさっぱり…という方もまだまだ多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると「パパ活」とは、女性に対して富裕層などの男性が、金銭的援助をおこない継続的な男女の交際を持つ愛人的な関係のことを指します。

そのような事が可能な経済的余裕のある世代というと、若い女性からみれば自分の父親くらいの歳の大人になるため「パパ」と呼ばれるようになったのが由来だそうです。

現在、パパ募集する女性、パパ探しをする女性、つまり「パパ活女子」が絶えず急増しているという現状があります。

そして、そんなパパ活女子の増加に伴い、パパになりたがる経済的に豊かな富裕層男性もまた増えているのです。

パパ活は援助交際とはちがう!?

一見、「そんなの援助交際と一緒じゃないの?」と思われがちですが、パパ探しやパパ募集は、お金が絡んでいる以外はあくまで成人した大人の男女の交際であり、厳密には援助交際のような売春とは切り離した考えがあるようです。

そこで今回は、出会い系サイトを利用してパパ募集やパパ探しをしているパパ活女子の実態をご紹介したいと思います。

また、実際にパパと交際しているというパパ活女子へのインタビューも行ってみましたので、彼女たちの意見も併せてご覧ください。

どのようにパパ募集・パパ探しが行われ、交際するパパとは具体的にどのような男性なのか…、そこには現代社会が生み出す独特の風潮がみえてきました。

パパ活に興味のある女性、パパ活女子に興味のある男性はもちろんですが、普段の日常生活からはみえてこない、裏社会の現状に興味があるという方も、是非ご覧ください。

『パパ活女子』と「大手出会い系サイト」の密接な関係

imadoki79
パパ募集やパパ探しのことを「パパ活」という言葉で表すようになったのは、比較的最近なので、新しい響きに聞こえる方もいると思います。

そのパパ募集やパパ探しの活動を行う場所は、主に出会い系サイトであることから、このふたつは切っても切れない密接な関係があります。

まだ世の中にインターネットが今ほど普及していなかった1990年代では、テレクラやダイヤルQ2を使って大人の出会いを探すのが主流でした。

しかし、時代は変わり、現代ではスマホなどの端末1つで、どこからでもネットにアクセスすることができる時代です。それに伴い出会いのためのツールも大きく変わりました。

出会い系サイト規制法が厳しくなった2007年以降では、未成年による利用が一段と厳しさを増し、サイトに登録するにも電話番号認証などが求められるようになりました。

それまでは数万サイトとあったといわれる出会い系サイトも、そのような時代の波について行けず、閉鎖を余儀なくされ、生き残ったのは現在の大手の出会い系サイトです。

その運営方法は、まさに考えつくされ徹底されています。まず、サクラやアドレス回収業者などは一切排除、さらに、女性は完全無料で利用でき、男性の一部の機能だけを前払いのポイント制システムが取り入れてられました。

男性の課金に関して、前払いを採用することで、後々になって高額な額になってしまう事を避けるという意図も含まれています。
ハイスペックな男子の画像
このような運営方法を取り入れたことで、富裕層世代といわれる40代以上の男性の集客に成功したのです。

結果、サイト内では、「愛人契約」や「割り切りの関係」、「大人の関係」といった名目で愛人探しをする若い女性と、そのような女性との関係を希望する富裕層男性とのやり取りが行われるようになり、ネット上の出会いの場としてメジャーになっていったのです。

大手出会い系サイトを利用するうえでの注意点

現在、ほとんどの出会い系サイトでは「愛人契約」「割り切り」などの言葉は、運営側の管理によりNGワードとして指定されているため、使用できなくなっています。

このようなNGワードを使った書き込みをすると削除されたり、最悪の場合、アカウント削除の可能性も出てくるので十分気を付けましょう。

具体的には、文字が「※」「○」といった伏字のような形になり、ワード自体がサイト内で表示されなくなってしまいます。

そのため、NGワードに引っかからない言葉、いわゆる隠語として、時代のトレンド進化に伴い、新たなワードもどんどん生まれています。

「愛人募集」や「割り切り関係募集」の際に、出会い系サイトで使われている言葉として、現在では、「パパ募集」、「パパ探し」などがトレンドとして主流となってきました。

優良とされる大手出会い系サイトに関しては、既に数えられる程度の数しかありません。

また、現在の大手出会い系サイトの運営会社の多くが、1990年代はテレクラやダイヤルQ2を運営していた会社でもあり、これもまた、パパ活と大手出会い系の切っても切れない関係の一つといえるでしょう。

参考程度に、以下に、会員数が多く運営実績のある大手出会い系サイトを紹介しておきます。

経済力が豊かな、あなたの理想とするパパと出会うためには、幅広く活動する必要もあるため、いろいろなサイトを試してみるのも良いでしょう。

もちろん、どのサイトも女性は完全無料で利用できます。国内屈指の大手出会い系サイトばかりなのでセキュリティも厳重、サポート体制も24時間365日電話・メールで対応と安心して利用することができます。

    イマドキ女子からの支持率No.1のPCMAX

  1. PCMAXの広告画像
    おすすめ度 5.0
    運営実績
    2001年創業(15年)
    料金システム
    女子は”完全無料”
    登録ユーザー数:
    700万人
    アクティブユーザー:
    80万人以上/日
    サポート対応
    電話・メール(24時間)
    出会える確率
    97

    ※18歳未満の方は利用できません。

    素敵な出会いはコチラから

  2. 2位:女子も納得のコンテンツの豊富さ!ラブ

  3. ラブの画像
    おすすめ度 5.0
    運営実績
    2007年創業(10年)
    料金システム
    女子は”完全無料”
    登録ユーザー数:
    500万人
    アクティブユーザー数:
    50万人以上/日
    サポート対応
    電話・メール(24時間)
    出会える確率
    91

    素敵な出会いはコチラから

こちらで紹介している大手の出会い系サイトが現在、パパ探しをするパパ活女子やパパになりたいお金持ちの男性との出会いの場として最も多くのユーザーに利用されています。

結局は”運命の出会い”ですので、どのサイトで素敵なお金持ち紳士に出会えるかは運任せということです。

例えばの話ですが、現在PCMAXにあなたと相性の合うお金持ち紳士がパパ活女子を探しているとしましょう。

しかし、1週間後に今度はラブで、さらにあなたと相性が良くてお金持ちのダンディなパパと出会えるという可能性もあります。

つまり、お金持ちの紳士的なパパと出会う確立を上げるには、前述しました通り、いろんなサイトを試して幅広く活動を行うことが最も効果的です。

大手出会い系サイトを利用してパパ募集やパパ探しをしているパパ活女子の実録インタビュー

ここまでにパパ募集や、パパ探しというパパ活がどういったものか、具体的にどのような行為なのかという事がご理解いただけたのではないかと思います。

解説してきました通り、このような事が大手の出会い系サイトでは、日常茶飯事で行われているのです。

では実際にどのような女性が行っているのか、気になるところでは無いでしょうか。

印象からして、明らかに水商売っぽい女性を想像される方が多いかと思われますが、実はパパ活している女性というのは、どこにでも居そうな、ごく普通の女の子が多いんです。

今回、実際に大手の出会い系サイトでパパ活を行っているという2人のパパ活女子にお話を聞くことができましたので、ご紹介したいと思います。

パパ活歴2年のアヤ(仮名・23歳)さん

1人目のパパ活女子は、パパ活歴2年のアヤ(仮名・23歳)さんです。

実はアヤさんは、有名企業のOLとして働く傍ら、出会い系サイトを利用してパパ探しをしてパパを見つけているとの事で、見た感じはどこにでも居そうな、ごく普通のOLさんです。

アヤさんは2年前に街頭で配られていたポケットティッシュ広告がきっかけで、出会い系サイトを利用したパパ活を知り、以来、PCMAXやラブなど、いくつかの大手出会い系サイトを使いながらパパ探しをするようになったとの事です。

ここからは、アヤさんのインタビューをご紹介いたします。

どのくらいの頻度でパパ募集をしていますか?

アヤ

定期的に会えるパパを常に3人ほどキープしていて、その状態の時は、基本的にパパ募集はしません。そのようなパパが一人でもいなくなると、新たなパパを探します。

なので、パパ探しをするときは、多い時だと1ヶ月に1回のペースでパパ募集する時もありますし、その募集で見つからなければ、再度また募集します。

少ない時だと、やっぱり半年に1回くらいのペースになりますね。

パパは具体的にどのような男性ですか?

アヤ

私の場合ですけど、これまでパパになってくれた人の外見は、どこからどう見ても、普通のサラリーマンって感じの人が多かったですね。

50代のパパも居ましたけど、やっぱり管理職クラスのサラリーマンって感じでした。

ただ、性欲だったり性癖は皆さん凄かったですね(笑)

性欲はほとんどの人が凄かったです。

最も印象に残ってる性癖のパパですと、エイジプレイいわゆる赤ちゃんプレイを強要してくる人でしたね。

オムツとか大人のおもちゃ専用のベビー用品とか揃えてきて…、さすがに疲れちゃったので、1ヶ月程度で放流(音信不通にしてフェードアウトすること)しちゃいました(笑)

今まで危険な目に合った事はありますか?

アヤ

私のLINEのIDがネットに流出したようで、知らない人達からLINEの友達追加のお知らせが1日中鳴り止まなくなった事はあります。

もちろん、すぐにIDを変えて、念のためにID検索拒否に設定しましたけどね(笑)

多分ですが、ラインIDを晒した犯人は、さっきお話した赤ちゃんプレイを強要してきた人だと思っています。彼を放流して1週間もしない内の出来事でしたので…。

放流するという事は、相手によってはこっちが危険な目に合わされる事にも繋がりかねませんので、「しっかりと別れる理由を伝えたほうが良いんだな~」と思い、一つ勉強になりました!

現在、何人くらいパパが居るのですか?

アヤ

今は定期て会ってくれるパパが2人ですね。

1人は週に1回程度の頻度で逢ってて、もう一人は2週間に1回程度なので、2人合わせて丁度週に1度の程度のペースになっていますね(笑)、これくらいのペースが丁度良いかと思ってます。

そろそろ3人目のパパも探そうかな、と考えています。

2年で総額いくらぐらいパパ活で稼ぎました?

アヤ

買ってもらった物とかも入れたら総額で1000万近く稼いでいると思いますよ(笑)

パパ探しをする時点で、経済的に豊かな45歳以上の世代の男性しか候補にしないので、皆さんお金持ちでした。

パパ活歴5年のトモミ(仮名・26歳)さん

続いて2人目の女性は打って変わって、逆のタイプ。ぱっと見、キャバ嬢のような派手な印象を受ける豊満ぽっちゃり女性のトモミ(仮名・26歳)さんです。

普段はアパレル系のアルバイトとして働いている、ごく普通の女性です。

第一印象は大人しそうな印象を受けましたが、喋り出すと話し上手で、気さくで初めて逢う人とでも親近感を湧かせてくれる女性です。

もしかしたら、このような20代の女性こそが40代以上のパパたちに好まれるのかもしれません。

それではトモミさんへのインタビューを紹介していきたいと思います。

パパ活を始めたきっかけはなんですか?

トモミ

私、中学校の頃とか全然友達が居なくて…、男子からも馬鹿にされて、あだ名とか付けられる女子のグループって今でもあると思うんですけど、まさにそんなグループの一員でした…。

しかもリーダー格だったと思います(笑)

ちなみに、影で呼ばれてたであろうあだ名はジャイマンでした(泣)、ジャイ子とかその辺は嫌われやすい女子の定番のあだ名ですよね(笑)

ま~、中学校の頃がそんなだったので、20歳の成人式の時も、式の後に行われる2次会とか行かないで、寂しくなっちゃって…。その時、初めてラブに登録したんです。

せっかくだったので、プロフの写真は成人式の前に、美容院でセットした後に晴着で撮った写真にしたんです。

そしたら、40代や50代の優しいおじ様達から、愛人契約目当てのメールを沢山頂いて…。まさに、その時寂しかった私の気持ちを全部吹き飛ばしてくれるかのようだったので、今考えればその時のきっかけが、大きかったですね。

どのようにお金を貰っているのですか?

トモミ

ホテルで手渡しだったり、月額を前払いしてくれるパパなんかは、銀行振り込みなんて事もありましたね(笑)
でも、ほとんどの場合、手渡しで頂いてますね。

危ない人や変な人は居ましたか?

トモミ

もちろん居ますよ。ていうより、40代以上の男性となると、ノーマルに飽きちゃってる男性が多いみたいで、ノーマルの男性のほうが少ない気がします(笑)

もっとも印象に残ってる人は、アナル好きな変態パパですかね。浣腸されたり、極太バイブをお尻の中に突っ込まれて開発されたり…。

放尿かけられて飲ませたり、飲まされたり…、これ以上はここでは言えないような事もありました。っというか既にここで言っちゃいけないような事まで言ってますよね(笑)

5年で総額いくらぐらいパパ活で稼ぎましたか?

トモミ

私、これまでパパから貰った現金は、ほとんどタンス貯金していて、実はここだけの話なんですけど、タンス預金の額をこの前、勘定してみたら1700万ちょっとありました。(驚)

なので、貰ってきた物とかも含めると…2000万は余裕で超えているかと思います。改めて考えてみると、けっこうな額ですよね。

トモミさんにとってパパの存在とは?

トモミ

私にとってパパとは、心の隙間と財布の隙間を埋めてくれる唯一の存在、といったところが最も合っていると思います。

やっぱり、私がパパ活をするようになったきっかけが、心が隙だらけで寂しい状態だったので、そこを埋めてくれるという意味と、後は…やっぱりお金ですよね。だって累計2000万以上ですよ(笑)!?

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

パパ募集、パパ探しに関して、具体的な方法や、その現状についてもご理解いただけたのではないかと思います。

現代ではスマホ1つでネットを通じて簡単にパパ募集もパパ探しもできてしまう時代ではありますが、気軽にできる分、危険なこと潜んでいます。

これから出会い系サイトを利用してパパ活をしてみようとお考えの方は、こちらの「パパ活する前に絶対に知っておきたい6つの注意点」も併せてご覧いただくことをおすすめします。

大手の出会い系サイトは、今現在も、お金を持て余している経済的豊かな多くの富裕層の男性がパパ活女子を探しをしています。

同時に、今回インタビューに応じてくれた2人の女性のように、パパ活を始める女性達もどんどん増加しています。

パパ活に対して、賛否両論の意見があるかと思いますが、今後も、出会い系サイトを利用したパパ募集、愛人探しは増え続けるいっぽうかと思われます。

そして、この現状を悲観するのか、肯定的に捉えるのかも、人それぞれかと思われます。